いつか介護リーダーとなる貴方へ

こんにちは! 芹澤です。

今回は、今後いつかリーダーとなる貴方や現在リーダーである方にも向けた記事にしていきたいと思います。

そもそも”介護リーダー”とは?

現在リーダーで日々奮闘をしている方、これからリーダーに就任される方、リーダー就任を目標とされている方、リーダーって何をしてるんだろう?と疑問を持たれている方・・・

それぞれの方が、それぞれのイメージを持たれているかと思われます。

それは当然です。立ち位置が違うので見方が全く異なります。

「リーダーになったものの、実際に何をしたら良いのか分からない」

それが実際の現場で起きていることであり、そのような方は多いのではないでしょうか。

それはそのはずです。

介護リーダーに就任したとて、そのリーダーの育成がされていないからです。

私自身、現在の施設に務めるまでに数カ所の施設を転々としました。そして、それぞれの施設でリーダーの役目を頂いたこともありましたが、正に ”何をして良いのか分からない” 状態でした。そして、一人で勝手にプレッシャーを背負い続け、耐えきれずに退職したこともありました。

そもそも介護リーダー、いや ”リーダー” とは何をするのか? その役目は?

目次

結論

”リーダー” は所属する組織(チーム)の経営を行うのです。

介護リーダーは介護現場の組織(チーム)の経営を行うのです。

”介護”の仕事(職種)で経営??

と思われましたか?

そうです。介護リーダーとは、介護業務に携わりながら組織(チーム)を経営するのです。

皆さんが勤めている企業(会社)、施設などにてその名称に違いはあろうかと思われますが、いわゆる「課長」「係長」「主任」「副主任」「リーダー」がそれにあたります。

そもそも”経営”って何?

経営についても、リーダーシップ同様300ページ以上のその手の本が本屋にズラリとあります。「ドラッカー」という名前も聞いたことがあるかと思われます。

ですがそれについて記事にしていくと、とてもアカデミックなものになってしまうのでそれは避けたいと思います。需要があれば記事にしていくこともあるかも知れません。

経営とは「リーダーシップ」「マネジメント」です。

カタカナです。

ですから、それらを咀嚼しやすいように具体的な部分をPM8:03風に記事にしています。

ここでは「リーダーは経営を役目としている」とご理解して頂ければOKです。

つまり介護リーダーって?

結論にも記しましたが、介護リーダーは介護現場の組織(チーム)の経営を行います。

リーダーに就任すると突然「経営」を行わなければならないのです。

私の過去にいた施設と同様に、経営について育成体制がなかったらどうなるか。

今まで一般職として介護業務に専念してきた所に、全く無知の状態で経営をやらされるのです。知識や手法を知らなければできなくて当然です。上手くいかなくて当然です。

つまり貴方の責任ではありません。自分を責める必要はありません。

問題は育成体制のないその組織(企業、会社、施設)の経営です。

だからといって、「自分ができないのは組織のせいだ!上司のせいだ!社長・施設長のせいだ!」と毒を吐いたりしてはなりません。そのような他責(他人を責める)の概念こそ忌むべき害悪です。その考えでいる限り貴方に成長はありません。

問題がわかったら改善するのです。それがリーダーの役目です。

大切なことはまずは経営について学ばなければならない、それに気がつくことです。

一般企業では、このような経営学を一般常識として指導カリキュラムに組み込まれていることなのでしょう。

しかし、介護施設にて経営を育成プランに組み込んでいる施設はまずありません。

「組織」である以上「経営」は必須であるのに、それを教えていないのです。

貴方は介護については知識・技術は疑いもなくベテランです。皆の模範です。

しかし経営に関しては素人です。誰もが初めは素人。初心者です。

だからこそ、当ブログではそんな貴方に「戦術」、つまり経営を上手くやるための「武器」を記事にしています。

そして、理解しておきべき大切なことをもう一つ。

顧客(仕事の対象)が違う

介護職である貴方の顧客(仕事の対象)は?

その答えはもちろん ”ご利用者様” ですね。

そして、そのご家族様ももちろん顧客ですよね。

しかし、リーダーの顧客は違います。

リーダーの顧客は ”職員” です。

そう、リーダーの顧客はその組織(チーム)の職員です。

ですから介護リーダーの顧客は、「ご利用者様」「ご家族様」と「職員」なのです。

なぜこれが大切であると思われますか?

私たち介護職は、顧客であるご利用者様やご家族様の前で愚痴をこぼしたり、毒を吐いたり、イラついて怒ったりしませんよね。

リーダーは、それを顧客である職員の前で決してやってはいけないということです。

職員指導の為に「叱る」ことはあっても「怒る」ことは決してあってはなりません。

この「叱る」ことと「怒る」ことは全く異なるものなのですが、それについては別の機会にします。

介護リーダーは、「ご利用者様」「ご家族様」「職員」を大切にしなければならないということです。

顧客である職員が働きやすい環境、高いパフォーマンスを発揮できる環境、その職場で働くことに満足できる環境・・・それらを整えるのがリーダーであり、それが経営です。

そして、それができるのはリーダーだけなのです。

まとめ

介護リーダーになったら

①皆のお手本となる「介護スキル」

②組織を運営する「経営力」

以上が求められると理解しましょう。

組織にいる職員は ”仲間” でもありますが「顧客」なのです。

そして”学び”が必要であると認識しましょう。

学びさえすれば、当ブログのタイトル通り【誰でも出来ます】。

”才能” なんて要りません。

学びさえすれば【誰でも出来ます】。

当ブログでは、貴方の理想とするリーダーとなる為の ”武器” をお伝えしていきます。

プラモデルを作るには、その説明書やニッパーが必要です。

ですがその「使い方」も知らなければなりません。

ニッパーを逆向きで使っていたら?説明書が正しく読めなかったら?

せっかくのプラモデルが”バリ”だらけになってしまうかも知れません。

正しい形にならず、機能が活かせないかも知れません。

ですから、そのプラモデルを完成させる為の道具(武器)やその使い方をお伝えしていきたいのです。

貴方が「貴方の理想とするリーダー」となれるよう、作りたいプラモデルを正しく完成させられるように、今後もその為の”武器”を記事にしていきます。

seeya !


ライコ
夢見る介護士
43歳 介護士|介護現場は20年以上|元いじめられっ子 | 課のリーダーとしてリーダーシップとマネジメントを実践|職員満足度80%を達成|お絵描き大好き|イジメ嫌い|夢は介護タクシー開業(現在準備中)|
いじめられっ子ならではの処世術を発信。
介護現場から見えてきたお悩み解決記事を発信中。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ライコブログ : 運営者

ライコのアバター ライコ 43歳介護士

43歳現役介護福祉士から見たカイゴの世界を発信。元いじめられっ子。
いじめを受けていた経験から独自の処世術を見出し、「誰でも出来る」コミュニケーションを用いて人材育成に活かす。
夢は介護タクシー開業!現在は事業計画及び開業準備中。

目次